本文へスキップ

3G シールドの紹介サイト

3Gシールドの特長とは

オープンソースハードウェアの概念を持つ拡張ボードのこと

3Gシールドは、公開された技術であるオープンソースハードウェアArduino上で稼働することを目指して開発してきました。このことで、Arduinoと同様に、オープンソースハードウェアの概念を踏襲し、回路図やスケッチなどを公開し、類似の開発において応用展開などをしやすくしています。

誰もが簡単に使える3G通信モジュールのこと

これまでの通信モジュールは、技術レベルの高い技術者しか扱えませんでした。特に通信モジュールを使いこなす一般的な知識として、ATコマンドと呼ぶ高度な通信プロトコルのコマンドを理解する必要がありました。しかし、3Gシールドは、インターネットと接続する簡単な関数 httpGET や httpPOST と呼ばれるものを使うだけで、誰もが容易にプログラミングできることになりました。つまり、技術ハードルが極端に下がったことになります。

膨大なArduinoの資産が安価に使えること

今やArduinoの資産は、世界中の利用者がアップしたWeb上の知識(サンプルスケッチや技術情報など)があり、そこで紹介されている接続した電子部品も膨大にあります。これらを無償もしくは安価で利用できる環境は、3Gシールドを利用するときにもそのまま活用できます。(スマホに比べて優位性があるところです)

どこからでも簡単にインターネットと接続して使えること

3Gシールドは、3G通信モジュールとして、3Gが繋がるエリアでは、インターネット接続が簡単にできることになります。この3G通信網は、広域エリアとして、日本中でも最も広くカバーされたもので、無人で操作、監視する上で、インターネット接続が有効に活用することが可能となります。

GPS機能やメール送受信・ツイッタ―との連携ができること

IEM版3Gシールドには、位置情報を取得するGPS機能を持ち合わせています。このことで、3Gシールドの位置情報を活用することが可能で、移動体(車載器や動物など)に、搭載して活用することができます。例えば、農機具の遠隔による無人操作や、放牧した家畜の管理などでの利用価値が見いだせます。

クラウドサービスとの連携でセンサネットワークなど様々な応用が可能なこと

上述したように、3Gシールドは、インターネット接続が可能となり、サーバ側には、クラウドなどを連携させることが可能となります。このことで、安価な情報処理システムをクラウド側に設置し、端末側の3Gシールド側にある機器に、さまざまなセンサ類とを取り付け管理することで、ワイヤレスセンサネットワークでの利用が可能となり、環境モニタリングなどが容易となってきます。

M2Mビジネスでコア技術として試作やプロトタイプ開発がしやすいこと

M2mビジネスでの3Gシールドの活用は、さまざまなところで考えられつつあります。既に独居高齢者の見守りシステムや、植物工場の監視システム、建設物の保全のためのモニタリングシステムなど、いろいろな場面での3Gシールドの活用が可能となっています。しかも上記に述べたように、誰もが簡単に、短期間で開発できる環境があります。

NPO法人
3Gシールドアライアンス

〒157-0072
東京都世田谷区祖師谷3-9-7-301

TEL 03-6411-5705